第3回「ミャンマー国軍によるクーデターを非難する国会決議について」
緊急ZOOMセッション on 7/6(火)

イベントのお知らせ
定数 500名に達しましたので、お申し込み受付を終了しました。
たくさんのご応募をいただき、ありがとうございました。
イベントの詳細
開催日時
2021年7月6日(火曜)16時00分~18時00分(日本時間)
会場
オンライン(ZOOMビデオウェビナー)
使用言語
日本語・ビルマ語(同時通訳)、英語で一部直接討論
受講料
無料 / 先着500名様
申込み方法
このフォームから必要事項をご記入の上、お申し込みください。
自動返信メールにて、参加URL等の情報をお送りいたします。

自動返信メールは、@jmfa.or.jp にて送信いたします。
確実にメールが受け取れるように、上記ドメインのメールを受信許可アドレスとして設定して頂きますようお願いいたします。
注意事項
このフォームからのお申し込みは1名ごとにお願いします。
複数名でお申し込みの場合は、それぞれ人数分、必要事項を送信願います。

メールアドレスは正確に入力して間違いがないことを確認してください。
自動返信メールが不達エラーとなっているケースが多数ございます。
ご注意ください。

セッション当日16:10 までにご入室頂けない場合は、自動的にキャンセルとなりますのでご了承下さい。
締め切り期限
お申し込みが、定員500名に達した時点で締め切りいたします。
プログラム概要
ミャンマーで軍政によるクーデターが起こり、4ヵ月以上が過ぎました。
すでに死者は800名を超える中、我が国も軍事クーデターを非難し、民主的体制への早期回復求める決議案が、6月国会両院で可決されました。
決議内容を周知する目的で、パブリック・イベント(ウェビナー)を開催いたします。
このイベントでは、本決議案を踏まえた民主化プロセスについても展望する予定です。
  1. NUG(国民統一政府)より現在のミャンマー状況の説明
  2. 日本国会議員より決議の背景・目的・内容の説明
  3. NUG(国民統一政府)よりコメント及び質疑
  4. パネルトーク 今後の展望「民主化へのロードマップ」
講師(パネリスト)
逢沢一郎 / Ichiro Aisawa
衆議院議員
日本・ミャンマー友好議員連盟 会長

石橋通宏 / Michihiro Ishibashi
参議院議員
ミャンマーの民主化を支援する議員連盟 事務局長

Dr. Win Myat Aye
NUG連邦大臣
人道災害対策省

Dr. Zaw Wai Soe
NUG連邦大臣
教育省・保健省

Dr. Sasa
NUG連邦大臣
国際協力省

Dr. Shwe Pon
NUG保健省副大臣

ファシリテーター
永杉豊 / Yutaka Nagasugi
日本ミャンマー友好協会 副会長
MYANMAR JAPON CEO
通訳
田辺寿夫 / Toshio Tanabe
フリージャーナリスト
お問い合わせ
info@jmfa-tokyo.com(一般の方)
press@jmfa-tokyo.com(報道関係者の方)
お名前
Enter Your Name
  必須
※ミャンマー人で「姓」のない方は、「名」の欄だけご記入ください。
フリガナ
 
メールアドレス
Mail Address
必須
 (確認用 / E-mail Retype)
アンケート
Questionnaire
このセッションをどちらで、お知りになりましたか?
必須
※次に表示される確認画面で、入力内容をよく確認してから送信してください。